市民ランナー主役の大会です。柏崎の風・海・山、そして温もりに触れていただくイベントです。

大会趣旨

潮風マラソンは、柏崎ランニング実行委員会と大会趣旨に賛同いただいている多くの市民がお互いの役割を果たし、市民と行政が協働で運営している大会です。私たち実行委員一人ひとりの想いがこもっている大会趣旨を、どうか感じ取ってください。よろしくお願いします。

大会趣旨

潮風マラソンは、昭和61年5月18日に柏崎市勤労青少年ホームの主催事業として始まりました。当時の参加人数は50人前後と、選手とスタッフの人数がほとんど変わらず、このような状況が数年間続いた大会でした。 また、市内で開催されていた元朝マラソン、シティーマラソン、市民対抗駅伝は、参加者が少ないこと等の理由から中止を余儀なくされ、地元の大会は次々と姿を消して行く寂しい時期でもありました。

このような状況の中、潮風マラソンは、同じ時期に柏崎の初夏のイベントとして開催されていた「かしわざき風の陣」に加わったことをきっかけに、大会も賑やかになり、少しずつですが参加人数も増えてきました。
そして、平成12年には、「1000人規模の大会を柏崎で開催したい」と夢をもつ米山台たんぽぽランナーズの皆さんと出会い、その夢は市内ランニング愛好者の皆さんにも同じ夢として広がって行きました。この夢の広がりが、柏崎ランニング実行委員会を立ち上げる動機付けとなり、 潮風マラソンを運営する組織となったのです。

柏崎ランニング実行委員会は、潮風マラソンの運営だけが立ち上げの動機でなく、柏崎市内のマラソンを応援することが設立の目的となっています。柏崎ランニング実行委員のほとんどは、年間いくつもの大会に参加している市民ランナーです。そうした人たちは、地元柏崎で走りたい気持ちを抑え、県内外から参加いただくランナーを応援することを確認し合っています。

ところが、このような動きが今や市民ランナーだけでなく、沿道の地域住民の方方や地元の企業、関係機関、さらには柏崎を大切に思っている人たちにも広がり、様々な力が結集するようになりました。

第1回から貫いてきた私たちの想いは、競技会ではなく、市民ランナーが主役になれる大会です。そして、参加者同士、さらには地元ボランティアと親交を深め、私たちの想いを肌で感じていただくことでもあります。これが私たち実行委員一人ひとりの想いであり、大会趣旨となっています。

柏崎の「人」と「自然」に触れていただきながら、私たちが大好きな柏崎の温もりを体感していただき大会を楽しんでください。

柏崎潮風マラソン実行委員 一同

大会に関するお問い合わせ先 TEL 0257-32-5561 月・水・金曜日の10:30〜17:00 祝日・年末年始を除く

ページ内の検索

パンフレットダウンロード

パンフレットダウンロード

RUNNET

RUNNET

走る仲間のランニングポータルサイト。"柏崎潮風マラソン"で検索

チビッ子大集合!

チビッ子大集合!
PAGETOP
Copyright © 柏崎潮風マラソン All Rights Reserved.